就業ビザを取得したタイ人の友達

これは私の友達のタイ人のお話です。彼女は日本に来て長く、就業ビザを取るという事で相談を受けました。ビザを取るにはどうすればいいのか私も全然知らず、まずは行政書士の事務所へと行きました。

まずはタイ人である彼女でも、言葉が通じるのか、という不安がありました。彼女はずっと日本語の勉強をしていたので、日常会話程度の日本語なら話せます。どちらにしても、事務所のスタッフの方はとても親切だったので、とくに心配することはありませんでした。また、そこで就労ビザの取得、申請の方法について聞いたのですが、取得にはいくつかの条件がある事を知りました。

審査を受けることで、その人が就労ビザを受け取れるのかどうか、面談という形で行われました。事務所によって対応ややり方には違いがあるでしょうが、私たちが相談した事務所の方はとても気さくで、内容も噛み砕いてくださったので分かりやすかったです。また、重要視した部分としては、かかる費用です。安ければ良いというのでもありませんが、費用に関しては詳しく聞くようにしました。

行政書士の事務所と聞くと、敷居が高くて怖いイメージがありましたが、タイ人の彼女もとても安心して取得することができました。取得するための条件は、全て達成し切れているとも言い切れません。また、それを自分で判断するのも難しいでしょうし、もしも就労ビザの取得を考えている人がいるならば、是非とも事務所に直接相談してみてはいかがでしょうか。